▼(16).C・ルクレール=(3位)

 トリッキーなレースだった。チームとしてベストな結果を得るためのいい作戦だったと思う。

 レースのスタートではセバスチャン(ベッテル)にトウを与えることで共に前方に出ることでき、ライバルたちの前で一緒にレースができた。セーフティカー後は状況がより複雑化し、ポジションを入れ替えるのに最適なタイミングを探り、セブがピットインした時にそれを実行した。

 セブのマシンに問題が発生し早々にレースを終えることになったのは不運だった。そこからは作戦通りにはいかず、前の2台をオーバーテークするのは不可能だった。

 こんなにも力強い週末だったのに、1台が3位で、もう1台はリタイアという結末にいい気分ではないね。でも自分たちのポテンシャルには自信があるし、決意を持って次からのレースに向かうよ。可能な限りベストな結果を勝ち取るために全力を尽くす。

▼(5).S・ベッテル=(リタイア)

 今日はすごく落胆させられた。ワンツーでフィニッシュしたかったが、結果は3位のみ。僕らが望んでいた結果ではない。

 スタートは良く、最初のスティントはすごく速く、ギャップを築くこともできた。ピットストップ後は2番手で復帰したが、その後少ししてチームからパワーユニットのハイブリッドコンポーネントに問題があるのでマシンを止めるように言われた。

 今後のレースに向けてエンジンが大丈夫だといいんだけどね。今日は僕らの日ではなかったことは間違いない。