▼(26).D・クビアト=(12位)

 今日は力強くコンペティティブなレースだった。グリッド後方からのスタートでポイント圏内にあと一歩のフィニッシュとなり、チームの努力の賜物だ。

 スタートは良く、楽しいバトルもいくつかあり、最終ラップの最終コーナーまで本当に戦い続けていたので、自分のレースには満足だ。

 特に前日からのトラブルを考えれば最後はいい日曜日になった。でも、ポイントを獲得できなかったことが悔やまれる。チームはそれに値するほどだったからね。

▼(10).P・ガスリー=(13位)

 僕らにはかなりチャレンジングな1日だった。今日はポイント争いができるほどのペースがなかった。

 コクピットの中でできることはすべてトライしたが、僕らにできることはそれほど多くはなかった。ダニー(クビアト)とはいい戦いができた。いつだってポジション争いをしていかないといけないからね。あの時は12番手争いをしていた。

 前で何かが起きれば10位以内でフィニッシュできるポジションだ。できることはすべて試したが、僕らには十分なスピードがなく、トリッキーな1日になってしまった。今週末の始めに僕らが見せたパフォーマンスと比較すると今日は下回っていたので、鈴鹿ではもっと良いペースになって戻って来られるように、これから原因を分析し理解していく必要がある。