▼(44).L・ハミルトン=(2位)

 正直言って今現在の感覚を説明するのは難しい。この至福の感じはどんなものにも当てはまらない、はるか上にあるものだよ。最もハードな1年だったと記憶している。

 すごくチャレンジングで、いい時も悪い時もあったので、今はとにかく感情が溢れて圧倒されている。ファクトリーにいるみんな、ダイムラーファミリー全体、そしてペトロナスのみんなに心から恐縮する気分だし、本当に感謝している。僕らが仕事をしてこれを達成できたのはみんなが本当にハードワークをしてくれたおかげなんだ。

 コース上で今日のようなパフォーマンスが出せる基盤を持ったこのチームのために仕事ができることはこんなにも名誉で光栄なことなんだ。それとニキ(ラウダ)、あなたがいなくてすごく寂しいよ。今日は彼も脱帽してくれたんじゃないかな。ニキなしにこれを成し遂げることはできなかった。彼の魂は僕らと一緒にここにいるんだ。

 レース直後に両親に会えて、父さんが笑顔を見せてくれた。これがすべてを物語っているね。家族は最初から僕をサポートしてくれて、今日ここにいる僕のためにすごく一生懸命働いてくれた。彼らがみんな一緒にここに来てくれてすごくうれしい。

 昨日は難しい1日となり、今日はリカバリーしてチームのためにワンツーを達成しかったんだ。バルテリ(ボッタス)はファンタスティックな仕事をした。彼を大きく祝福するよ。

▼(77).V・ボッタス=(優勝)

 最初にルイス(ハミルトン)に大きな祝福をしたい。6回目のチャンピオンシップ獲得なんて信じられない偉業だよ!彼は力強いシーズンを送り、このタイトルに相応しい。

 全体的に彼は優れていたよ。ルイスはタフな相手で、弱点がほとんどなく、ほぼミスもしないものすごく安定感のあるドライブをするんだ。でも僕もいい勢いをつけられてきたので、また来年彼と接戦を演じることを楽しみにしている。

 僕自身とチームにとって本当にいい週末だった。僕は以前までこのトラックで苦労していたので、1位でフィニッシュラインを越えられて最高だ。

 簡単なレースではなかった。スタートはうまく行き、最初のスティントも良かったが、マックス(フェルスタッペン)をカバーするため2ストップに切り替えなければならず、1ストップのルイスの方がいい作戦になるかもしれないと少し心配だった。

 適切な戦いで楽しくもあった。すごくプッシュしなければならかったが、僕のペースは強力で、終盤にかけてルイスに追い付けた。コース上でいいバトルができ、彼をパスして優勝を決定付けた。

 このようにハードなファイトをしなければいけないレースを勝てて本当に素晴らしい気分だ。