▼(7).K・ライコネン=(4位)
 チームとしてシーズンベストの結果をようやくお祝いできて最高だ。ポジティブな1日で、ついにハードワークが報われる結果を獲得できた。

 レースの大半で自分たちのレースをし続けたが、終盤には中団の争いに巻き込まれた。最後の表彰台のポジションとなったサインツをパスできなかったのは残念だ。

 僕らにはスピードがあり、2回ほど彼に仕掛けられるいいタイミングがあったが、パスできなかった。でも人間はいつだってもっと欲しがるものだ。

 最後は2台ともたくさんポイントを獲得できて良かったよ。

▼(99).A・ジョビナッツィ=(5位)
 僕自身とチームにとって今日は本当にハッピーな1日となった。何て素晴らしいレースで、2台揃ってポイントを獲得しつつ来年の僕の契約をお祝いできるなんてファンタスティックだね。

 スタートは素晴らしく、今年ベストだったと思う。そこで3つポジションを上げ、トップ10圏内に入ったが、まだやるべきことは山積みだった。

 作戦は素晴らしく、リスタートがすごく重要だった。特に最後のリスタートではダニエル(リカルド)からプレッシャーを受けていたからね。

 最後の10周は気が狂いそうだった。かなり激しかったが、何とかポジションをキープできた。チームのみんなが最高の仕事をしてくれて、自分たちの仕事に本当に満足していいんじゃないかな。

 僕らはレース毎に改善できている。今はアブダビに集中し、いい形でシーズンを終えられればいいね。