1988年(昭和63年)10月31日(月曜日)の紙面。

“ブラジルの若き天才”アイルトン・セナが鈴鹿を制覇、初のシリーズチャンピオンに輝いた−−。