ベッテルに拍子抜け〜タイトル連覇もいま一歩の3位
マッチRACE「F1第15戦日本GP編」(1)
激しく争うバトン(左)とベッテル。このあとバトンがトップに立った(カメラ=佐伯友章)
激しく争うバトン(左)とベッテル。このあとバトンがトップに立った(カメラ=佐伯友章)
 S・ベッテルの連覇が決まり、J・バトンが初めて日本で勝って大いに盛り上がった今年の日本GP。しかし、現地でテレビ解説した近藤真彦(47)は、鈴鹿の歴史の重みは十分に感じつつも、レース内容にはダメ出し。特に厳しかったのは、L・ハミルトンと小林可夢偉に対してで、気持ちが萎縮していることで本来のドライ.....
【ログインして続きを読む】