現場はピリピリムードが漂っているでしょう〜いつも楽しみ鈴鹿
「光速CORNER」第14戦シンガポールGP&日本GP占う編
前戦のタナボタの優勝でタイトル争いに残ったベッテル。得意の鈴鹿でアロンソと差を縮めたい(AP)
前戦のタナボタの優勝でタイトル争いに残ったベッテル。得意の鈴鹿でアロンソと差を縮めたい(AP)
 今年もレース規定時間をめいっぱい使った激戦を展開したシンガポールGP。セバスチャン・ベッテル(25)=レッドブル=が久々の今季2勝目を挙げ、ランク2番手に浮上。いよいよ王者が3連覇に向けて本腰を入れた形の一戦だった。が、堂本光一(33)の一押しはマクラーレン。PP(ポールポジション)のルイス・ハ.....
【ログインして続きを読む】