ダカールラリー2017年大会
第7ステージ結果速報
 【ウユニ(ボリビア)鶴田真也】ダカールラリーは9日、ボリビアのラパス〜ウユニ間で後半戦最初の競技となる第7ステージが開かれた。4輪はプジョーのステファン・ペテランセル(フランス)が競技区間(SS)トップタイムで総合首位をキープ。総合2位で追いかける同僚のセバスチャン・ローブとのタイム差を1分57秒に広げた。同3位はトヨタ・ハイラックスを駆るナニ・ロマ(スペイン)。市販車クラスのチームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)はクリスチャン・ラビエル(フランス)が総合24位、三浦昂が同27位でクラスワンツーを守った。

 2輪はKTMのサム・サンダーランド(英国)が総合トップ。ホンダの最上位は総合8位のパオロ・ゴンサルベス(ポルトガル)。ヤマハの風間晋之介はSS79番手で総合91位に浮上した。

 トラックの日野チームスガワラは菅原照仁がSS14番手で今大会初のトップ10入りとなる総合10位と躍進。父の義正は総合31位。

 第7ステージは走行距離805kmでうちSSが161km。トラックだけはコース不良で141・37kmでSSが打ち切られた。