ダカールラリー2017年大会
第9ステージ
 【チレシト(アルゼンチン)鶴田真也】ダカールラリーは11日、アルゼンチンのサルタ〜ティレシト間で予定されてきた第9ステージは前日の土砂崩れの影響でキャンセルとなった。4輪はプジョーのセバスチャン・ローブ(フランス)が総合首位。次いでステファン・ペテランセル(同)、シリル・デプレ(同)でプジョー勢がトップ3だ。市販車クラスのチームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)はクリスチャン・ラビエル(フランス)が総合23位、三浦昂が同26位でクラスワンツー。

 2輪はKTMのサム・サンダーランド(英国)が総合トップ。ヤマハの風間晋之介は同85位。トラックの日野チームスガワラは菅原照仁が総合8位で父の義正が同32位。

 第9ステージの移動距離は674km。10日にサルタ手前の臨時ビバークで小休止した選手はさらに330kmを走行した。