ダカールラリー2017年大会
第10ステージ結果速報
再び首位に立ったステファン・ペテランセル(レッドブル提供)
再び首位に立ったステファン・ペテランセル(レッドブル提供)
 【サンフアン(アルゼンチン)鶴田真也】ダカールラリーは12日、アルゼンチンのティレシト〜サンフアン間で第10ステージが開かれた。4輪はプジョーのステファン・ペテランセル(フランス)が再び総合首位に立った。競技中に2輪選手と接触する事故を起こしたものの、圧倒的な速さで挽回した。総合2位は同僚のセバスチャン・ローブ(同)。市販車クラスのチームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)は2号車の三浦昂が今大会2度目の競技区間(SS)クラストップ。総合26位に浮上した。クリスチャン・ラビエル(フランス)は総合24位で三浦とのクラスワンツーを死守した。

 2輪はKTMのサム・サンダーランド(英国)が総合トップ。ホンダのエース、ホアン・バレダは今大会3度目のステージ優勝を果たしたが、総合5位。ヤマハの風間晋之介はSS50番手で総合74位に急浮上した。

 トラックの日野チームスガワラは菅原照仁はSS11番手で総合8位をキープ。父・義正はSS23番手で総合27位。

 第10ステージは走行距離751kmでうちSSは449km。残るは13日、14日の2ステージのみだ。