トヨタが活動発表会
小林可夢偉
小林可夢偉
 トヨタ自動車は2日、東京都内でことしのモータースポーツ活動発表会を行い、世界耐久選手権(WEC)シリーズには昨季から引き続いて元F1ドライバーの小林可夢偉が参戦すると発表した。小林は2015年シーズンから参戦する国内最高峰のスーパーフォーミュラにも出場する。

 WECでは昨年6月、フランス伝統のルマン24時間で残り約3分までトップを走行しながらマシントラブルで失速し、初優勝を逃した。ことしのルマンでは昨年から1台増やして3台体制で臨む。豊田章男社長は「最後の3分の光景は目に焼き付いている。勝負は甘いものではないが、勝利をつかみたい」と話した。

(共同)