F1合同テスト終了
 自動車のF1チームによるシーズン開幕前の合同テストは10日、スペインのモントメロで4日間の日程の最終日が行われ、フェルナンド・アロンソ(スペイン)がドライバーを務めたマクラーレン・ホンダは電気系トラブルもあって周回数は43周にとどまった。ベストタイムは13人中11番目。

 ホンダのF1総責任者を務める長谷川祐介氏は3日目にも電気系の問題があっただけに「チーム全員にとって困難な1日になった。夜通しで原因解明に取り組んで部品交換を行ったが、再び問題が起きてしまったことは残念に思う」と述べた。(共同)