鈴木は自己最高の8位
第2戦アルゼンチンGP決勝
アルゼンチンGPモト3クラスで優勝し表彰台に立つミル(ホンダ・中央)(AP=共同)
アルゼンチンGPモト3クラスで優勝し表彰台に立つミル(ホンダ・中央)(AP=共同)
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第2戦アルゼンチンGPは9日、アルゼンチンのテルマス・デ・リオ・オンドで各クラスの決勝が行われ、モト3クラスは16番手からスタートしたホアン・ミル(ホンダ)が優勝、開幕2連勝となった。ポール・ポジションのジョン・マクフィー(ホンダ)は0.261秒差の2位、ホルヘ・マルティン(ホンダ)が3位に続いた。9番グリッドの鈴木竜生(ホンダ)は自己最高位となる8位でフィニッシュ。鳥羽海渡(ホンダ)は10位、佐々木歩夢(ホンダ)は20位となった。(共同通信デジタル)