ホンダ勢はバンドーン14位
F1ロシアGP決勝でフェラーリ勢を抑えて首位を走るメルセデスのバルテリ・ボッタス=ソチ(AP=共同)
F1ロシアGP決勝でフェラーリ勢を抑えて首位を走るメルセデスのバルテリ・ボッタス=ソチ(AP=共同)
 【ソチ共同】自動車のF1シリーズ第4戦、ロシア・グランプリ(GP)は30日、ソチで決勝が行われ、予選3番手のバルテリ・ボッタス(フィンランド、メルセデス)がデビュー5年目で初勝利を挙げた。

 好調のフェラーリ勢はセバスチャン・ベッテル(ドイツ)が2位、キミ・ライコネン(フィンランド)が3位だった。

 マクラーレン・ホンダ勢はストフェル・バンドーン(ベルギー)が14位、フェルナンド・アロンソ(スペイン)はマシントラブルでスタートできなかった。