自動車のルマン24時間
ルマン24時間を制し、表彰台で喜ぶポルシェ2号車のドライバーたち=ルマン(AP=共同)
ルマン24時間を制し、表彰台で喜ぶポルシェ2号車のドライバーたち=ルマン(AP=共同)
 【ルマン(フランス)共同】フランス伝統の自動車耐久レース、第85回ルマン24時間は18日、ルマンのサルテ・サーキットでゴールを迎え、3台で臨んだトヨタは中嶋一貴の8号車が最高峰のLMP1クラスで2位、総合9位で初優勝を逃した。ポルシェが3連覇で単独最多を更新する19勝目を挙げた。

 トヨタはポールポジション(PP)から発進した小林可夢偉の7号車と、国本雄資の9号車がともにマシントラブルでリタイアとなった。

 ポルシェはトップを走行していた1号車がマシントラブルでリタイアしたものの、23時間を終えた時点で2号車がクラス、総合ともに首位に立ち、逃げ切った。