佐藤琢磨は19位
第10戦ロードアメリカ決勝
ロードアメリカで今季初優勝を飾ったスコット・ディクソン(チップガナシレーシング)(AP=共同)
ロードアメリカで今季初優勝を飾ったスコット・ディクソン(チップガナシレーシング)(AP=共同)
 自動車のインディカー・シリーズ第10戦は25日、米国ウィスコンシン州のロードアメリカで決勝が行われ、スコット・ディクソン(チップガナシレーシング)が今季初優勝を飾った。日本の佐藤琢磨(アンドレッテイオートスポーツ)は19位だった。

 ロードコース55周(355.295km)で争われたレースは、中盤戦でトップに立ったディクソンが後続に付け入る隙を与えず、2位のジョセフ・ニューガーデン(チームペンスキー)に0.5779秒差を付けてチェッカーを受けた。ディクソンは今季初勝利でドライバーズランキング首位を守った。3位にはエリオ・カストロネベス(チームペンスキー)が入っている。また、佐藤は途中のスピンなどもあり19位に終わった(共同通信デジタル)