地元勢フォルガーが健闘、2位に食い込む
第9戦ドイツGP決勝
5年連続でドイツGPを制し、表彰台で喜ぶマルク・マルケス(右・ホンダ)(AP=共同)
5年連続でドイツGPを制し、表彰台で喜ぶマルク・マルケス(右・ホンダ)(AP=共同)
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第9戦ドイツGPは2日、ザクセンリンクで各クラスの決勝が行われ、最高峰のモトGPクラスは、ポール・ポジションからスタートしたマルク・マルケス(ホンダ)が今季2勝目を飾った。2位には3.310秒差で地元ドイツのヨナス・フォルガー(ヤマハ)、3位にはダニ・ペドロサ(ホンダ)が入った。また、年間ポイント首位だったアンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)が8位に終わったため、代わってマルケスがポイントリーダーに立っている(共同通信デジタル)