ポイントリーダーのミルは10番手
第11戦オーストリアGP予選
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第11戦オーストリアGPは12日、レッドブルリンクで各クラスの公式予選が行われ、モト3クラスはガブリエル・ロドリゴ(KTM)が1分36秒503のタイムで第10戦に続いてポール・ポジションを獲得した。2番手には0.112秒差でフアンフラン・ゲバラ(KTM)、3番手にはアロン・カネト(ホンダ)が続く。ポイントリーダーのホアン・ミル(ホンダ)は、走行違反によるタイム取り消しがあり10番手となった。また、日本の佐々木歩夢(ホンダ)はトップと0.806秒差の18番手、鈴木竜生(ホンダ)は転倒などもあり26番手、鳥羽海渡(ホンダ)は27番手からのスタートとなる(共同通信デジタル)