マルケスとの激しい一騎打ち制す
第11戦オーストリアGP決勝
オーストリアGPで今季3勝目を挙げ、表彰台で喜ぶアンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)(AP=共同)
オーストリアGPで今季3勝目を挙げ、表彰台で喜ぶアンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)(AP=共同)
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第11戦オーストリアGPは13日、レッドブルリンクで各クラスの決勝が行われ、最高峰のモトGPクラスはアンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)が今季3勝目を挙げた。最終ラップまで繰り広げられたマルク・マルケス(ホンダ)の激しい一騎打ちを制したドビツィオーゾは、4戦ぶりの勝利でシリーズポイントでも2位へと浮上している。2位は0.176秒差でポイントリーダーのマルケス、3位にはダニ・ペドロサ(ホンダ)が入った(共同通信デジタル)