ポイントリーダーのニューガーデンは14番手
第14戦ロングポンド予選
 自動車のインディカー・シリーズ第14戦は19日、米国ペンシルベニア州のポコノレースウェイで予選が行われ、日本の佐藤琢磨(アンドレッテイオートスポーツ)が平均時速219.639マイル(353.475km)の記録でポール・ポジションを獲得した。佐藤の予選第1位は第8戦以来、今季2度目。2番手は時速219.395マイルでサイモン・パジェノー(チームペンスキー)、3番手にはチャーリー・キンボール(チップガナシレーシング)が続いた。また、シリーズポイントリーダーで2連勝中のジョセフ・ニューガーデン(チームペンスキー)は14番手と出遅れている。決勝は明日(現地時間)行なわれる(共同通信デジタル)