2位はビニャーレス、3位ロッシ
第12戦英国GP決勝
第12戦英国GPで勝ち、ガッツポーズのアンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)(AP=共同)
第12戦英国GPで勝ち、ガッツポーズのアンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)(AP=共同)
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第12戦英国GPは27日、シルバーストーンで各クラスの決勝が行われ、最高峰のモトGPクラスはアンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)が第11戦に続く連勝を飾った。トップを走ったマルク・マルケス(ホンダ)がマシントラブルで消える波乱のレースは、6番グリッドから追い上げたドビツィオーゾが逆転で今季4勝目を挙げた。これでドビツィオーゾは、リタイヤに終わったマルケスを抜いてシリーズポイント首位へ浮上。2位には0.114秒差でマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)が続き、3位にはバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が入った(共同通信デジタル)