佐々木が7番グリッドと健闘。鳥羽13番手
第13戦サンマリノGP予選
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第13戦サンマリノGPは9日、イタリアのミサノで各クラスの公式予選が行われ、モト3クラスは地元イタリアのエネア・バスティアニーニ (ホンダ)が1分42秒147の記録で今季初のポール・ポジションを獲得した。2番手には0.173秒差でホルヘ・マルティン(ホンダ)、3番手にはポイントリーダーのホアン・ミル(ホンダ)が続いた。また、日本の佐々木歩夢(ホンダ)がトップから0.428秒遅れの7番手に付け、明日の決勝はグリッド3列目からスタート。鳥羽海渡(ホンダ)は13番手、鈴木竜生(ホンダ)は19番手に付けている(共同通信デジタル)