チャンピオンを争うドビツィオーゾは11番手
第16戦オーストラリアGP予選
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第16戦オーストラリアGPは21日、フィリップアイランドで各クラスの公式予選が行われ、最高峰のモトGPクラスは1分28秒386のタイムでポイントリーダーのマルク・マルケス(ホンダ)が今季7度目のポール・ポジションを獲得した。2番手には0.333秒差でマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)、3番手にヨハン・ザルコ(ヤマハ)とヤマハ勢がそれを追う。また、マルケスと年間チャンピオンを争うアンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)は、先だって行われたプラクティスでの転倒が影響したか11番グリッドと出遅れた。決勝は明日行なわれる(共同通信デジタル)