チャンピオン王手のマルケスは7番手
第17戦マレーシアGP予選
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第17戦マレーシアGPは28日、セパンで各クラスの公式予選が行われ、最高峰のモトGPクラスはダニ・ペドロサ(ホンダ)が1分59秒212のタイムで今季3度目のポール・ポジションを獲得した。2番手には0.017秒の差でヨハン・ザルコ(ヤマハ)が続き、シリーズポイント2位で逆転チャンピオンを目指すアンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)が3番手に付けた。また、決勝で2位以内に入れば年間チャンピオンが決定するポイントリーダーのマルク・マルケス(ホンダ)は、予選中に転倒した影響もあり7番手となった。決勝は明日行なわれる(共同通信デジタル)