中上は9番グリッド、長島22番手
第17戦マレーシアGP予選
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第17戦マレーシアGPは28日、セパンで各クラスの公式予選が行われ、モト2クラスは年間チャンピオン獲得に王手をかけたフランコ・モルビデッリ(カレックス)が2分6秒406のタイムで今季6度目のポール・ポジションを獲得した。2番手は0.026秒差でミゲル・オリベイラ(KTM)、3番手にファビオ・クアルタラロ(カレックス)が続いた。また、シリーズポイント2位でモルビデッリを追うトーマス・ルティ(カレックス)は5番手となった。そして、日本の中上貴晶(カレックス)はトップから0.623秒差の9番手、長島哲太(カレックス)は22番手からのスタートとなった(共同通信デジタル)