長島は23番手スタート
第2戦アルゼンチンGP予選
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第2戦アルゼンチンGPは7日、テルマス・デ・リオ・オンドで各クラスの公式予選が行われ、モト2クラスはザビ・ヴィエルジュ(カレックス)が1分56秒137のタイムで初のポール・ポジションを獲得した。2番手には0.271秒差でロレンソ・バルダサー(カレックス)が続き、3番手にダニー・ケント(スピードアップ)が付けた。日本の長島哲太(カレックス)は、トップと2.676秒差で23番手スタートとなった(共同通信デジタル)