佐藤琢磨は21位
第3戦ロングビーチ決勝
 自動車のインディカー・シリーズ第3戦は15日、米国カリフォルニア州のストリーツ・オブ・ロングビーチで決勝が行われ、アレキサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)が優勝した。日本の佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は21位だった。

 市街地コース85周のレースは、ポール・ポジションから飛び出したロッシが順調に周回を重ねる。ミスのない走りで後続を寄せ付けなかったロッシは、そのままトップでチェッカーを受け、今季初勝利を手にした。2位は1.2413秒差でウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が続き、3位にエド・ジョーンズ(チップ・ガナッシ・レーシング)が入った。

 日本の佐藤は、22番手スタートから一時は一桁順位まで上昇したものの、他車との接触でピットインを強いられて後退。結局、11周遅れの21位でレースを終えた(共同通信デジタル)