トヨタ2台がエントリー
ルマン24時間へ向け意気込む中嶋一貴(左)と小林可夢偉=29日、東京都豊島区
ルマン24時間へ向け意気込む中嶋一貴(左)と小林可夢偉=29日、東京都豊島区
 フランス伝統の自動車耐久レース、第86回ルマン24時間で悲願の初優勝を目指すトヨタが29日、東京都内で大会へ向けた説明会を開催し、8号車を担当する中嶋一貴は「毎年、期待を裏切り続けている。ワンツー(フィニッシュ)で、いい結果を届けられるように頑張りたい」と力を込めた。

 トヨタは2012年に世界耐久選手権(WEC)に復帰。シーズンのハイライトとなるルマン24時間では2位が最高で、表彰台の頂点には立てていない。7号車の小林可夢偉は「24時間、トラブルなくゴールまで持っていくことがチャレンジ」と意気込んだ。

 トヨタは7、8号車の2台がエントリー。

(共同)