第7戦カナダGP
F1カナダGP決勝で走行するフェラーリのセバスチャン・ベッテル=モントリオール(カナダ通信・AP=共同)
F1カナダGP決勝で走行するフェラーリのセバスチャン・ベッテル=モントリオール(カナダ通信・AP=共同)
 【モントリオール共同】自動車のF1シリーズ第7戦、カナダ・グランプリ(GP)は10日、カナダのモントリオールで決勝が行われ、セバスチャン・ベッテル(ドイツ、フェラーリ)が今季3勝目、通算50勝目を挙げた。2位にはバルテリ・ボッタス(フィンランド、メルセデス)、3位にはマックス・フェルスタッペン(オランダ、レッドブル・タグ・ホイヤー)が続いた。

 トロロッソ・ホンダ勢はピエール・ガスリー(フランス)が11位、ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)はリタイアだった。