長島は自己最高の12番手
第7戦カタルーニャGP予選
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第7戦カタルーニャGPは16日、カタルーニャで各クラスの公式予選が行なわれ、モト2クラスはファビオ・クアルタラロ(スピードアップ)が1分43秒474のトップタイムを記録した。モト2参戦2年目のクアルタラロは、このクラスで初のポール・ポジション。2番手には0.116秒差でアレックス・マルケス(カレックス)が付け、3番手にマルセル・シュロッター(カレックス)が続いた。ポイントリーダーのフランチェスコ・バグナイア(カレックス)は4番手だった。

 日本の長島哲太(カレックス)は、トップから0.770秒遅れの12番手に付けた(共同通信デジタル)