佐藤琢磨は10番グリッド
第11戦アイオワ予選
 自動車のインディカー・シリーズ第11戦は7日、米国アイオワ州のアイオワスピードウェイで予選が行なわれ、ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が2周平均時速182.391マイル(293.53キロメートル)の記録でポール・ポジションを獲得した。唯一、平均時速182マイル台に乗せる速さを見せつけたパワーは、第5戦以来今季2度目のポール。2番手はジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)、3番手にライアン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ)が続いた。日本の佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は平均時速178.708マイルで10番手に付けた。決勝は8日(現地時間)に行なわれる(共同通信デジタル)