佐藤琢磨は8番手スタート
第13戦ミドオハイオ予選
 自動車のインディカー・シリーズ第13戦は28日、米国オハイオ州のミドオハイオ・スポーツカー・コースで予選が行なわれ、アレキサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)が1分4秒6802のタイムで今季3度目のポール・ポジションを獲得した。2番手は0.2137秒差でウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が続き、3番手にライアン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ)が付けた。

 日本の佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、予選第1ラウンド第2組で3番手となって上位12台による第2ラウンドへ進んだが、レッドフラッグ中断のタイミングで思うようなアタックができず1分6秒3755で8番手。上位6台による第3ラウンド進出はならず、29日(現地時間)の決勝は8番グリッドからのスタートとなった(共同通信デジタル)