長島は25番手
第10戦チェコGP予選
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第10戦チェコGPは4日、ブルノで各クラスの公式予選が行なわれ、モト2クラスはルカ・マリーニ(カレックス)が2分2秒244のトップタイムを記録した。第8戦から3戦連続最前列グリッドと調子を上げているマリーニは、これが初のポール・ポジション。2番手には0.115秒差でアレックス・マルケス(カレックス)が続き、3番手にマティア・パッシーニ(カレックス)が付けた。また、ポイントリーダーのフランチェスコ・バグナイア(カレックス)は6番手スタートとなった。

 日本の長島哲太(カレックス)は、トップと1.325秒差の25番手だった(共同通信デジタル)