静岡・富士
世界耐久選手権第4戦で優勝し、シャンパンをかけ合い喜ぶトヨタ7号車の小林可夢偉(右)ら=富士スピードウェイ
世界耐久選手権第4戦で優勝し、シャンパンをかけ合い喜ぶトヨタ7号車の小林可夢偉(右)ら=富士スピードウェイ
 自動車の世界耐久選手権(WEC)シリーズ第4戦は14日、静岡県富士スピードウェイで決勝が行われ、最高峰のLMP1で小林可夢偉らのトヨタ7号車が同クラス最後尾の8番手から出て優勝した。ポールポジションからスタートの中嶋一貴らのトヨタ8号車は2位。トヨタ勢は今季3勝目で、日本開催では3連覇となった。

 予選トップだった7号車はピットでの速度超過の規定違反でスタート位置が降格となったが、決勝で小林がスタート直後に数台を追い抜くなどして首位に立った。

(共同)