日本GP決勝、今季8勝目
モトGPクラスで優勝し、3季連続5度目の総合優勝を決めたマルク・マルケス=ツインリンクもてぎ
モトGPクラスで優勝し、3季連続5度目の総合優勝を決めたマルク・マルケス=ツインリンクもてぎ
 オートバイの世界選手権シリーズ第16戦、日本グランプリ(GP)は21日、栃木県ツインリンクもてぎで決勝が行われ、最高峰のモトGPクラスは6番手から出たマルク・マルケス(スペイン、ホンダ)が今季8勝目、通算43勝目を挙げ、3戦を残して3季連続5度目の総合優勝を決めた。

 カル・クラッチロー(英国・ホンダ)が2位、アレックス・リンス(スペイン・スズキ)が3位。日本勢は中須賀克行(ヤマハ)が14位、中上貴晶(ホンダ)は15位だった。

(共同)