2年連続5度目
F1メキシコGPで走行するレッドブル・タグ・ホイヤーのフェルスタッペン=メキシコ市(ゲッティ=共同)
F1メキシコGPで走行するレッドブル・タグ・ホイヤーのフェルスタッペン=メキシコ市(ゲッティ=共同)
 自動車のF1シリーズ第19戦、メキシコ・グランプリ(GP)は28日、メキシコ市で決勝が行われ、ルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)が4位に入り、2戦を残して2年連続5度目の年間総合優勝を決めた。

 マックス・フェルスタッペン(オランダ、レッドブル・タグ・ホイヤー)が今季2勝目、通算5勝目を挙げた。セバスチャン・ベッテル(ドイツ)、キミ・ライコネン(フィンランド)と続き、フェラーリ勢が2、3位に入った。

 トロロッソ・ホンダ勢はピエール・ガスリー(フランス)が10位、ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)は14位だった。(共同)