佐藤琢磨は20番手スタート
第1戦セントピーターズバーグ予選
 自動車のインディカー・シリーズ開幕戦は9日、米国フロリダ州のストリーツ・オブ・セント・ピーターズバーグで予選が行なわれ、ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が1分0秒4594のタイムでポール・ポジションを獲得した。2番手は0.0976秒差でジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)が付け、3番手にルーキーのフェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ・レーシング)が続いた。昨年チャンピオンのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)は4番手だった。

 日本の佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は予選第1ラウンド第2組で上位タイムを出していたが、イエローフラッグの原因になったとしてベストラップが取り消しになり同組10番手。次ラウンドに進むことができず、明日の決勝は20番グリッドからスタートする(共同通信デジタル)