PPはダラ・ポルタ
第4戦スペインGP予選
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第4戦スペインGPは4日、へレスで各クラスの公式予選が行なわれ、モト3クラスはロレンツォ・ダラ・ポルタ(ホンダ)が1分46秒011の記録で初のポール・ポジションを獲得した。2番手に0.004秒の僅差で日本の鈴木竜生(ホンダ)が続き、3番手にセレスティーノ・ビエッティ(KTM)が付けた。

 鈴木はプラクティスで上位に入れず予選Q1からの出走となったが、そこでトップタイムをたたき出し、その後の予選Q2(プラクティス総合成績14位以内と予選Q1上位4台で争う)で2番手に食い込んだ。鈴木の2番グリッドは昨年第5戦以来で自己最高タイ。この他の日本勢は佐々木歩夢(ホンダ)が11番手に付け、小椋藍(ホンダ)20番手、真崎一輝(KTM)22番手、鳥羽海渡(ホンダ)が24番手となった(共同通信デジタル)