佐藤琢磨は11番手
第5戦インディカーGP予選
 自動車のインディカー・シリーズ第5戦は10日、米国インディアナ州のインディアナポリス・モーター・スピードウェイ・ロードコースで予選が行なわれ、ルーキーのフェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ・レーシング)が1分8秒2785のタイムで初のポール・ポジションを獲得した。2番手に0.0194秒差で昨年チャンピオンのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)が付け、3番手にジャック・ハーベイ(マイヤー・シャンクス・レーシング・ウィズ・アロウ・SMP)が続いた。上位4台をホンダ勢が占め、ポイントリーダーのジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)は13番手にとどまった。

 また、日本の佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、予選第1ラウンドをトップで通過したものの、上位12台で争う第2ラウンドで苦戦し、1分8秒3300の記録で11番手となった。決勝は11日に行なわれる(共同通信デジタル)