自動車のルマン24時間耐久
ルマン24時間の予選でポールポジション獲得に喜ぶトヨタ7号車の小林可夢偉(右)=13日、ルマン(ゲッティ=共同)
ルマン24時間の予選でポールポジション獲得に喜ぶトヨタ7号車の小林可夢偉(右)=13日、ルマン(ゲッティ=共同)
 【ルマン(フランス)共同】フランス伝統の自動車耐久レース、第87回ルマン24時間は13日、ルマンのサルテ・サーキットで予選を終え、2台で臨むトヨタは昨年2位だった小林可夢偉らの7号車がポールポジション(PP)を獲得した。トヨタのPP獲得は3年連続5度目。昨年初優勝をもたらした中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ(スペイン)らの8号車が2番手につけた。

 予選3回の最も速いタイムで15日午後3時(日本時間同10時)スタートの決勝順が決まり、小林が2回目に最速の3分15秒497をマークした。