佐藤琢磨は6番手
第10戦ロードアメリカ予選
 自動車のインディカー・シリーズ第10戦は22日、米国ウィスコンシン州のロードアメリカで予選が行なわれ、19歳のコルトン・ハータ(ハーディング・ステインブレナー・レーシング)が1分42秒9920のタイムで初のポール・ポジションを獲得した。今季第2戦で最年少優勝を飾ったハータは、これで最年少ポール記録も更新。2番手には0.1773秒差でアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)が続き、3番手にウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が付けた。ポイントリーダーのジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)は4番手だった。

 また、日本の佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、予選第1ラウンド第1組を2番手、第2ラウンドを5番手で通過し、トップ6台で争う第3ラウンドに進出。トップと0.8870秒差で6番グリッドを獲得した。決勝は23日に行なわれる(共同通信デジタル)