2019年10月のF1日本GP、決勝で一斉にスタートするマシン=鈴鹿サーキット
 2019年10月のF1日本GP、決勝で一斉にスタートするマシン=鈴鹿サーキット
 【ロンドン共同】自動車F1シリーズの日本グランプリ(GP)が、新型コロナウイルスの影響で中止となる可能性が高いと11日、ロイター通信が報じた。日本GPは10月11日に三重県鈴鹿サーキットで決勝が予定されていたが、10月16〜18日に栃木県ツインリンクもてぎで開催予定だったオートバイの世界選手権シリーズは既に中止となり、F1開催も難しいとの見通しと伝えた。

 今季は7月に開幕して第8戦まで欧州各地を転戦する。未定となっているシーズン後半について、競技面を統括するブラウン・ディレクターはF1公式サイトに「開催できないレースもあるだろう」と述べた。