富田俊樹選手
富田俊樹選手
 米国を舞台に活躍していた愛知県東海市のプロモトクロスライダー富田俊樹選手(29)=金沢市出身=が、今年から日本に拠点を移し、タイトル獲得を狙う。新型コロナウイルスの影響で全日本モトクロス選手権の開幕戦は4月から8月末に延期されたが、東海地方のコースで優勝を目指してトレーニングを積んでいる。

 4歳からモトクロスを始め、2013年と15年には全日本選手権の排気量250ccまでのクラス、IA2でチャンピオンに。16年から昨年まで、世界最高峰と言われる米国の「AMAモトクロス選手権」に参戦し、18年に13位を獲得した。

 シーズン後、日本で450ccまでのクラス、IA1でのチャンピオンを目指すため、昨年8月末に帰国した。

 昨年12月からヤマハ所属となり愛知県内を中心に練習してきたが、新型コロナウイルスの影響で、選手権は延期に。5月下旬から2週間、金沢に帰省して調整したが、現在は愛知県に戻り、週3、4回のペースで愛知、三重両県内などのコースを走る。

 富田さんはモトクロスについて「マイナースポーツで見る機会は少ないが、見ればきっとはまるはず。必ずチャンピオンになるので応援してほしい」と話す。

 全日本選手権は8月29、30両日に宮城県村田町のスポーツランドSUGOで開幕予定。

 (泉竜太郎)
地元・金沢のモトクロスコースで調整する富田選手=金沢市山川町で
地元・金沢のモトクロスコースで調整する富田選手=金沢市山川町で