佐藤琢磨は12番手に付ける
第4戦ロード・アメリカ・レース2予選
 自動車のインディカー・シリーズ第4戦は12日、米国ウィスコンシン州のロード・アメリカで予選が行なわれ、21歳のパトリシオ・オワード(アロー・マクラーレンSP)が1分44秒8971のトップタイムを記録した。参戦3年目のオワードはこれが初のポール・ポジション獲得。2番手に0.0279秒差で20歳のコルトン・ハータ (アンドレッティ・ ハーディング・スタインブレナー・オートスポート)、3番手に23歳のアレックス・パロウ (デイル・コイン・レーシング・ウィズ・チームゴウ)が続き、若手の躍進が目立つグリッドとなった。一方、開幕4連勝を狙うスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)は6番手だった。

 日本の佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、予選第1組で1分45秒4320のタイムを出して同組の6番手。同日に行なわれる決勝は12番グリッドからスタートする(共同通信デジタル)