西川共同CEOが昇格
 日産自動車は23日、カルロス・ゴーン社長(62)が社長と最高経営責任者(CEO)を退くと発表した。代表権のある会長は続ける。副会長の西川広人共同CEO(63)が社長に昇格し単独でCEOを務める。社長交代は約17年ぶり。4月1日付。

 ゴーン氏は2000年6月に日産の社長に就任し、01年6月からCEOも兼務していた。昨年12月には日産が出資した三菱自動車の会長にも就任。西川氏はゴーン氏が不在時の経営判断を担うため共同でCEOに就いていた。ゴーン氏は提携するフランス自動車大手ルノーのCEOも務めており、今後、グループの連携強化などに集中する。

 ゴーン氏は「先に三菱自動車の会長に就任し、日産の定時株主総会の開催を控えていることから、CEO職を引き継ぐのに適切な時期だと判断した」とのコメントを出した。6月の定時株主総会では再任取締役候補になる予定という。

 ゴーン氏は1999年、経営不振に伴い日産が資本提携したルノーから最高執行責任者(COO)として派遣された。経営立て直しのため工場の閉鎖といった大幅なリストラを断行するなどして、当時の日本企業に衝撃を与えた。

 ▼西川 広人氏(さいかわ・ひろと)1953(昭和28)年11月14日生まれ、63歳。東京都出身。東大卒。77年日産自動車入社。2003年常務執行役員。副社長、副会長を経て16年11月から共同最高経営責任者。