厳しい表情で会見に臨んだ豊田章男社長
厳しい表情で会見に臨んだ豊田章男社長
 トヨタ自動車は10日、2018年3月期連結決算の予想として、売上高が前期比0・4%減の27兆5千億円、本業のもうけを示す営業利益は19・8%減の1兆6千億円になると発表した。減収減益は2年連続。先行きの円高進行を想定したほか、停滞している北米市場で販売促進の費用がかさむことも反映させた。17年3月期は5年ぶりの減収減益だった。

 トヨタは18年3月期の想定為替レートを1ドル=105円と、前期の実績に対し3円の円高を見込んだ。トヨタは対ドルで1円円高が進めば営業利益を約400億円押し下げるため、1100億円の減益要因とした。

 18年3月期は純利益も18・1%減の1兆5千億円と減益を予想した。東京都内で記者会見した豊田章男社長は「自分たちの等身大の姿を真正面から見据え、徹底的に競争力を磨いていく年だ」と述べた。