日産自動車が11日発表した2017年3月期連結決算は、昨秋までの円高が響き、本業のもうけを示す営業利益が前期比6・4%減の7422億円、売上高が3・9%減の11兆7200億円だった。減収減益となったのは、リーマン・ショックの影響で営業赤字に転落した2009年3月期以来8年ぶり。世界販売台数は3・7%増の562万6000台と過去最高を更新した。しかし、為替の円高の影響で2819億円、北米での販売奨励金など販売費用増加で2585億円、営業利益をそれぞれ押し下げた。