2017年上半期(1〜6月)の新車販売ランキングはホンダの軽自動車「N−BOX」が初の首位となった。16年の上半期1位だったトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」は2位に後退、3位は日産自動車の「ノート」。燃費効率の良いエコカーや軽自動車が上位を占めた。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。同時に公表した6月のランキングは、トヨタのプリウスが2カ月連続の首位。