スズキは12日、主力の小型車「スイフト」に本格的なハイブリッド車(HV)モデルを追加し、発売した。ハイブリッドシステムを刷新し、時速60キロ以下の一定速度で走る際にはエンジンが自動停止し、走行中に蓄えた電力によりモーターのみで走行できるようにした。燃費はガソリン1リットル当たり32・0キロで、エンジンが停止することがない従来の簡易HVモデルより約15%改善した。希望小売価格は166万8600円から。