トヨタが裁量労働拡大で調整 トヨタ自動車が裁量労働の対象社員を拡充する方向で労働組合と調整に入ったことが2日、分かった。残業時間にかかわらず、月45時間分の残業代に相当する17万円程度を支給する仕組みを導入する。時間に縛られない多様な働き方を促すのが狙い。12月の導入を目指す。新制度の対象者は一般の企業の係長に当たる主任級の総合職の約7800人となる見込み。非管理職の総合職の半数を占める。